プロバイダー 料金比較

インターネットプロバイダーの光ファイバー接続サービスや通信キャリアのLTEサービス、プロバイダー各社の料金についての比較などを行なっていきます。

みなさんがインターネットプロバイダーの変更を検討する時は、引っ越しや2年縛りの期間が終わった後に、プロバイダー各社の料金や回線スピード等を比較して、有利なサービスを見つけた時がほとんどでしょう。しかし、安易にプロバイダーの乗り換えを行なってしまうと、後で公開するようなこともありますので、注意が必要です。

メールアドレスが変わってしまう
プロバイダーのメールアドレスを使っている場合、メールアドレスの使えなくなってしまうケースがあります。プロバイダー会社によっては、メールアドレスの使用料金だけで使い続けられるケースもありますが、将来同じメールアドレスを使い続けることを前提とすると、Gmailなどのフリーメールアドレスに切り替えるのもありでしょう。
プロバイダーの契約終了日を確認する
会社によっては、日割りで計算してくれるところもありますが、必ずしも月末でない場合もありますので、いつまで利用できるかを再確認しましょう。また、契約時に2年縛り(2年使うとキャッシュバック等)のサービスを利用された方は、2年に満たなかったり、2年たったたら自動更新されていた、なんてケースもありますので、前もって、いつに解約すれば違約金等がかからないか、確認しておきましょう。
新しいプロバイダーの契約
光回線を新たに引き直すケースなどでは、工事が必要となるケースがほとんどです。また、土日の工事は予約が多く、平日に立ち会う必要があるケースがありますので、1~2か月の余裕を見て契約を進めたほうがよいでしょう。さらに、賃貸アパートなどの場合、2階のベランダを通じて、1階の自宅に光回線を引くケースもあり、その場合は2階の住人の方や大家さんに前もって自分で許可をもらっておく必要があったりします。契約すればすぐに回線がつながるわけではありませんので、その手間暇も考えてプロバイダーの比較を検討するとよいでしょう。
以前使っていたプロバイダー機器の返却
意外と見落としがちなのは、乗換前のプロバイダー機器の返却が必要なケースがあるということです。プロバイダーからは、ルーター機器がレンタルされているケースが多く、解約時に要返却の必要もあったりします。誤って捨ててしまったりしていると、思わぬ出費が必要になるかもしれません。十分に確認しておきましょう。
乗換前のプロバイダーサービスの解約
さらに注意しておきたいのは、回線のプロバイダーを変更したからといって、そのプロバイダーで受けていたサービス、例えば、ウィルス対策やメールアドレス、ホームページスペースの提供、デジタルコンテンツなど、月額料金を払って受けていたサービスが、回線契約とは別に、自動的に継続されてしまっているかもしれないという点です。銀行口座やクレジットカードの自動引き落としの場合、特に気づかずに時を過ごしてしまうケースもありますので、契約内容を確認し、自分が使わないサービスが解約されているかどうかを確認しましょう。また、わかりづらくなっているかもしませんので、サポート電話に聞いてみるのが一番手っ取り早い方法かもしれませんが、インターネットプロバイダーのサポート電話はなかなかつながらないケースも多いので、注意しましょう。

一言に、インターネットプロバイダーといっても、日本にはものすごい数のプロバイダーが存在します。有名なところでは、NTTグループのOCNなどが挙げられますが、小さい所では、地元のケーブルテレビなどや、無線専門のプロバイダーなども存在します。では、賢くプロバイダー乗換するには、どうすればよいでしょうか?

まずは、自分にとって、家でインターネットをするのか、外出先でもインターネットをするかなど、自分にとって何が必要か、ということを洗い出しましょう。現在、携帯キャリアのスマートフォンサービスでは、LTEという高速無線インターネット回線を使った、テザリングといった技術も登場し、インターネットやメールを1日1時間以内くらいつかうだけであれば、新たに自宅に光回線を引いたり、無線インターネットの契約をする必要もなかったりします。自分がいつ、どこで、どの程度インターネットを使うかをまず自覚しましょう。

次に、どこでインターネット契約をするかという点になりますが、自分のIT知識に不安がある方は、自宅近くのインターネット回線販売代理店で直接話を聞いてみるのがよいでしょう。大型家電量販店でもよいですが、自宅近くでない場合、いきなり契約書、契約日の決定、工事というかたちで、どんどん進んで行ってしまいます。まずはゆっくり相談してみることをお勧めします。さらに、IT知識に余裕がある方は、インターネットのプロバイダー比較サイトなどを活用し、自分にとって一番有利な条件、料金を比較し、ネット上ですべてを済ませてしまうというのもありです。その場合のメリットとしては、直接プロバイダー契約するよりも、得られるメリットが大きかったりします。具体的には、現金のキャッシュバックや、毎月の月額プロバイダー料金の値下げといったものから、使用機器のレンタル料金の値下げなどが挙げられます。

さて、プロバイダーの料金を比較するだけでいいのでしょうか?いえ、プロバイダーのサービスには、料金だけでなく、比較しておくとよい点がたくさんあります。それは以下となります。

  • 料金
  • インターネット回線速度
  • インターネット回線の安定度
  • レンタル機器のスペック
  • 固定IPの有無
  • 無料ホームページスペースの有無
  • DDNS(ダイナミックDNSサービス)の有無
  • 契約期間

特に、自分で自宅でホームページを運営したい、自宅サーバーを使いたい方にとっては、固定IPやダイナミックDNSサービスの有無は、確かめておいたほうた良いでしょう。また、安いからといって、無線インターネットに申し込みはしたもの、自宅からは全くつながらない・・・なんてケースも十分に考えられるので、注意が必要です。契約期間についても、2年契約後の自動契約の有無等、予め自分の引っ越し要諦なども考慮の上で検討するとよいでしょう。また、最近ではインターネットを使った映画の放送なども盛んに行なわれるようになってきました。今、自分にとって必要ないと思っているサービスであっても、あると便利なサービスもあるかもしれませんので、一度プロバイダー各社の料金比較でなく、サービス比較もおこなうことをお勧めします。

さらに、サービス比較時に見ておきたいところが、契約内容です。実は工事費が別で物凄い金額がかかってしまった、解約時の工事費を請求された、そんなケースも考えられます。契約全体の費用がどの程度になるか、場合によっては、小さい文字で書いてある規約の隅々まで読む覚悟で、比較検討するとよいでしょう。

価格比較サイトだけでは比較しきれないプロバイダーが存在することもあります。それは、携帯電話会社が提供しているインターネットサービスです。多くの場合、携帯電話を契約していると、インターネット回線料が割引されるケースが多く、割引後の値段が、プロバイダー料金比較サイトの最安値のサービスよりも安かったりする場合もあります。自分の携帯電話会社のインターネットサービスの料金やサービス内容から見てみるのもありかもしれません。

インターネットに縁が無い初心者の方にとってプロバイダー契約は、なかなか難しいかと思います。しかし、初心者にとって、一番重要視したほうがいいのは、ズバリ、サポートです。料金比較をおこなった結果、プロバイダーを決めたとしても、その会社はサポートに弱い会社かもしれません。回線がつながらない、インターネットが使えなくなった、電話も使いたいが使い方がわからない、インターネットとテレビを繋ぎたい、ノートパソコンも繋ぎたい、などなど、インターネット回線をつなげた途端、様々なトラブルに見舞われるケースは非常に多いです。そういった場合、ほとんどの会社では、電話サポート、マニュアルによるサポート、インターネットサポートを準備しているかもしれませんが、簡易的なものがほとんどであったりします。身近にパソコンに詳しい人がいないケースなどでは、出張して対応してくれるサポートがあったほうが良いケースもあります。自分のインターネット知識、パソコン知識に自信が無い方は、サポート体制の充実度をプロバイダー比較の基準にしてみてはいかがでしょうか?

無事、インターネットの比較も終わり、申込み、工事を経て回線が開通してほっとするのもつかの間、実はインターネット開通後の設定やらなんやらも大変だったりします・・・。基本的には、業者の方は、インターネットの回線が開通したことを確認したら、帰ってしまします。その確認とは、工事業者の方のパソコンで回線がつながっているかを簡易的に確認するものであって、ご自身のパソコンをインターネットに繋げてくれるわけではありません。では、インターネット回線が開通した後に、何をする必要があるのでしょうか?それは、ルーターの設定と、パソコンの設定です。ここでルーター?何それ?という方は、注意が必要です。インターネット回線は自宅に回線が届いていますが、直接パソコンにつなげるのではなく、一般的には、ルーターと呼ばれる、プロバイダーからレンタルされる機器を通して、自分のパソコンに接続します。そのルーターに対し、契約時に書面等で伝えられるインターネット接続IDとパスワードを設定する必要があるのですが、その設定方法が親切でないケースが多いのも事実です。工事の方がそこまで対応してくれればいいのですが、ご自身での対応が必要な場合もあります。この点に関しても、インターネット契約時に、しっかりと確認しておくとよいでしょう。

インターネット接続プロバイダーの料金比較:朝日新聞社&ECナビ
インターネット接続プロバイダーの料金比較はこちら。インターネット接続におけるADSL や光ファイバーの料金、速度やIP電話などのオプションサービス、お得なキャンペーン情報が検索できます。各プロバイダーの特徴、インターネットの基礎知識も解説。
provider.asahi.com/
プロバイダ比較 | 光ファイバー・ADSL - 価格.com
タイプ別料金相場が一目で分かる!無料一括見積もりも! 法人向け携帯電話料金 プラン ・ 法人向け携帯電話料金プラン. 全キャリアの法人携帯プランを一括比較・お問い合わせ. お客様が本サービスをご利用される際は、事前に「プロバイダ比較利用規約」をお ...
kakaku.com/bb/
※失敗しないプロバイダー選び【プロバイダー料金比較】
プロバイダーって、どこを選んだらいいんだろう?」とお悩みのあなた(東京、神奈川、 千葉、埼玉、北海道地域に在住の方)へ、NTT東日本のフレッツ光に対応したプロバイダー各社の料金を明確に比較し、分かりやすく紹介します。人気の高い大手プロバイダー ...
grace.ne.jp/flets/
光プロバイダ比較ランキング - おすすめはコレだ!
光プロバイダの比較・おすすめ情報・ランキングをご紹介します。 光回線を引くときに気になる料金、光ネクスト対応、サービス、サポートに特に注目しました。 新規に(ADSLからのお乗換えも含まれます)開設される場合は4ヵ月または2ヵ月無料などのお得な割引 ...
www.techthuggery.com/
プロバイダー 料金比較
当サイトでは、プロバイダー 料金比較のサイトをご紹介しております。お得なキャンペーンや光ファイバー、ADSL、モバイル通信などに関する情報サイトが満載です。是非とも貴方にあったプロバイダー料金比較サイトを見つけてください。
www.instat.ne.jp/
プロバイダ比較ナビ | フレッツ光・光ファイバー・ADSL・インターネット比較 ...
プロバイダ比較ナビは、フレッツ光などの光ファイバーやADSLのインターネット最安料金 情報をランキングで比較!知っている人だけが猛烈に得をする当サイトにしかない限定特典を申し込む前に絶対チェックしよう!
www.provider-navi.jp/
プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバー・高速モバイル通信の選び方
プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバーの選び方では、ADSLや光ファイバー、 高速モバイル通信の料金比較やメリット&デメリットなどを調査し、「得する」 プロバイダーの選び方を解説しています。また、プロバイダーの見直しについても詳しく説明しています ...
www.provider-navi.net/
プロバイダー料金比較、ランキング | プロバイダー比較.org
光ファイバーやADSLのプロバイダー料金比較をしています。本サイトの限定特典も有り!プロバイダー比較、プロバイダー乗り換え情報ならプロバイダ比較.org。
www.provider-hikaku.org/hikaku/provider/
プロバイダー 料金比較 - TOPページへ
プロバイダー料金比較、au、ぷらら、aol、トッパ、エキサイト各プロバイダーの料金比較について調べています。
o-n.chu.jp/puryohika/
Bフレッツ対応プロバイダ料金比較
Bフレッツ対応プロバイダ料金比較. 総務省が3月18日に発表した「ブロードバンドサービス等の契約数(平成20年12月末) 」によれば、FTTH利用者が1441.7万人、ASL を中心とするDSL利用者は1159.4万人でした。CATV利用者は12月末現在408.3万人でした ...
www.shtml.jp/bflets/